二郎風ラーメン【家二郎】の作り方

二郎風ラーメン【家二郎】の作り方

二郎好きを「ジロリアン」と呼ぶほど、世間に浸透しているラーメン屋
家で作る「家二郎」も人気で 多くの人がレシピを公開しています

今回は典型的な「家二郎」レシピをご紹介

 

あの店のチャーシューの材料を写真で公開中

 

材料
豚肩ロース(塊)1kg、豚バラ肉300g、背脂200g、ニンニク1個、
生姜1個、長ねぎ1本、玉ねぎ1~2個、キャベツの芯1個、
タレ(薄口醤油1/2カップ、濃口醤油1カップ、みりん1カップ、砂糖大さじ8)

 

まずは豚骨スープから
ベースとなるのがげんこつから取るとんこつスープ
まずは寸胴に髄が出るように割ったげんこつ(6~8杯分で2.5kg)とたっぷりの水を入れ、
アクをとりながら4時間ほど炊きます
沸騰したお湯は蒸発してどんどん減っていくので、
水を足しながらお気に入りの濃さ、分量になるように調整していきましょう

 

スープの作り方
1.寸胴に入ったとんこつスープにチャーシュー用の豚肩ロースを投入し、鍋底が焦げ付かないよう時々混ぜながら2時間ほど炊く。
2.その後、豚肩ロースを取り出し、予め温めておいたタレに1時間ほど漬けておく。1の寸胴はずっと火にかけておく。
3.同時に別鍋でだし用の豚バラ肉をアクを取りながらひたひたの水で1時間ほど、焦げつかないように水を足しながら炊く。
4.3に背脂、長ねぎ、生姜、玉ねぎ、キャベツの芯を加えてさらに炊く。
5.4のだし用スープを漉し、1の寸胴に加えてとろみが出るまでさらに炊いていく。
6.温めておいた丼にチャーシューを漬けたタレと背脂を入れ、5のスープを注ぎ、茹でた麺を入れる。二郎インスパイア系は、お店によって味が違うので、少しずつタレ、背脂、スープの量を調整して好みの味に近づけよう。最後に、茹でたキャベツ、もやし、チャーシュー、刻みニンニクを盛りつければ完成。

 

ンコツは安価で手に入り、ラーメンスープの材料としては最もポピュラーな素材
豚骨ラーメンはもちろん、しょうゆラーメンや塩ラーメンなどにも使われます

ネット通販でも買えますが、値段はあってないようなものかな?

 

二郎のは肩ロース

肉の味をしっかり出したいときには、肩ロースでチャーシューを
しょうゆラーメンや塩ラーメンなどさっぱりしたスープにあいます

 

 

こちらの動画はご覧になりましたか?

あの名店がスープ、煮豚、煮玉子のレシピを公開中

このレシピはこちらで公開されています

実際にこのレシピでラーメンを作りました

ページの先頭へ